スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「声でコスプレする、ふたり。」

わたしが愛してやまないアイドルグループ、Wink。
今日はそのふたりのある楽曲について書きたいとおもいます(長文注意)


Winkって、本当に本当に名曲ぞろいで、シングル表題曲はもちろんカップリング曲やアルバム収録曲にも隠れた名曲はたっくさんあるのです。
2008年12月、レコード大賞にその日限りの復活として代表曲の「淋しい熱帯魚」を歌っているWinkを観て、ピーン!!ときたわたしはそこから動画サイトなどでWinkの曲を検索して片っ端から聴いていき、気がつけば大ファンに。
余談ですけどわたしはその時聴いた「淋しい熱帯魚」の曲そのものにピーン!!ときたわけではなく(以前から歌番組とかではよく耳にしてましたし)、歌っているふたりの姿、雰囲気、歌声、歌い方に持ってかれた…という感じでした。
もちろん淋しい熱帯魚は今ではわたしの大っ好きな曲で、「愛がとまらない」と合わせてWinkの曲ではもうランクをつける必要のないほどの殿堂入り曲かなと思っているくらいです!どうでもいいけどわたしのカラオケでの十八番は愛とま。

とにかくその年末からどんどんWinkにはまっていったわたしですが、あるときこの曲を見つけます。

Cat-Walk Dancing

…もう、すべてがツボ!!!
前奏からしてもう、ツボすぎて酔っぱらっちゃいそうになる(笑)
こういうバリバリ80年代、って感じのアレンジが大好物なのですよ、、
すっごいテンションあがるんですよね。これから何が始まるんだろーーー!!?ってワクワクさせられるというか。
そこから入ってくる二人の可憐で儚く美しい歌声がまた…たまらんのですよ!!!!
Winkらしい、まさにWinkのためにある歌だなって思います。
Winkの曲ってほんとうにそういう曲が多くて、そのへんは本当にプロデュースがしっかりしてたんだな、、と。
アイドルって、シンガーソングライターと違って歌い手自身が曲を書くことは少なく有名作曲家や作詞家の方による曲が多いのでいい歌で当たり前だろうという意見もあるとは思うんですが、なんかそこからアイドルにぴったりの曲をつくる、さらにそれが受け入れられるようにできるかっていうのは難しいことだなとも思うんです。
アイドルって、「可愛い」っていうのは絶対条件だけど、「可愛い」だけではなかなか人気になるには難しい世界だから、それと同じように「いい曲」だけではだめだなって。そこをいかにそのアイドルが歌ってとびきり可愛く、とびきり素敵な世界を表現できるかっていうのを作曲家、作詞家さん、振付師やプロデューサー、スタッフなどなどいろんな人が携わってはじめて完成するから、アイドルって観ていて楽しいんですよね。なんていうか、緻密で深い世界だと思います。ただ可愛い子が歌を歌っているっていう単純なものじゃないから。
って、、話がそれちゃいましたが、Winkの曲を聴いていると、このアイドルユニットはそういう計算をされながら作られているっていうのがすごく伝わってくるんですよね。あ、プロの仕事だーって、ひしひしと感じるんです。プロであたり前なんだけど(笑)。でもやっぱりWinkは色々な作曲家さんや作詞家さんに提供してもらっているのでそれがとりわけ伝わってきます。

さあ、それでこの曲についてですね(笑)
さっき「酔っぱらっちゃう」って書きましたけど、この曲を聴くと洋酒をたっぷり入れたチョコレートを食べたような感覚を覚えます。あまくて、でも大人の味で。
歌詞の内容的には、舞踏会で踊る主人公が好きな人と一緒に踊りたがっているようなきらびやかな世界がイメージされます。
もう歌い出しからWinkの世界が溢れ出てくるような歌詞だなーとニヤニヤしたり。
「星」とか「月」とか「夜」、このへんがWinkにはぴったりだなって勝手に思っています。
そこにこの曲では「Cat」が入ってきて、ちょっとWinkの曲には意外な感じだったのですがこれがまたいいスパイスになってるな~って思うんです。
全体的に普通にキャッチーなメロディーなんですが、それだけにBメロの歌い方がすごく印象に残るんですよね。
翔子さんの甘くも少しとがった、挑戦的な歌い方に早智子さんのとろけそうでいつにもまして(笑)ふわふわっとした歌声が対照的で、でもそれがまた主人公の「振り向いてよ!もう!」って気持ちと「それでも大好き、すごく大好き」って気持ちの競り合いが上手く表現されてるみたいでおもしろい。
少しつんつんしてて、でも愛らしくて…そんな猫のイメージを表してるようで、Bメロを聴いていると猫耳としっぽをつけて可愛く踊っているふたりが想像できちゃうんです!
いつもよりさらに甘く歌っているふたりが、まさにつま先立ちでふわふわと歩いている猫さんに思えてきて。
あ、ふたりは歌声だけでコスプレできちゃう人なんだなー…と。
すごいです。

この曲は松本隆さんが作詞していて、キラキラした世界がすごくわたし好みでお気に入りなのですが、
この松本隆さんが作詞しているWinkの他の曲で「Shining star」も大好きだったりします。
こちらはメロディーはもちろん、普段歌詞はあんまり重視しないわたしが歌詞にものすごく惹かれて毎日聴いてた時期がありました(笑)
わたしもこんな素敵な恋愛がしたいなあ…って、ほれぼれしながら聴いていましたね。まぁ、今まさにそんな素敵な恋愛してるところですが(笑)
その曲についてはまたいつかお話したいです*

そしてそしてこの「Cat-Walk Dancing」、わたしがWinkでいちばん好きなシングルのカップリングなんです!!
「One night in heaven~真夜中のエンジェル~」。
これもまたキラキラした曲ですねー。。
これはシングルなのでPVがあり、振り付けも見られるのですがその振りがまたおもしろい!(笑)
今じゃ絶対こういう振り付けはないなーと思うような。でも、それがまた良い味出してて大好きです。よく映像観ながら一緒に踊ってたくらいw
この曲の間奏のギターソロがすごく綺麗で、振り付けともマッチしているので間奏をバックに踊るふたりはまさに天使!!!って感じなのです。
このギターはなんなんだろう?スパニッシュギターとかなのかなあ?楽器詳しくないのでよくわかりませんが、、
とにかくこの歌のアレンジは素敵です。シングル曲ともあって人気のある曲なのでぜひじっくりとフルコーラス通して聴いてみてほしい一曲です。
しかもしかもこのシングルが発売されたのは1990年。わたしが生まれた年です。
自分の誕生日の年に、こんな素敵な曲がつまったCDが発売されてたんだなーと思うと、嬉しいし運命を感じます(笑)。


さて、語りすぎてしまった感が否めないですが…
ここまで読んでくださった方(いらっしゃったらすごい)、ありがとうございました!
ブログって、人に話したら途中で「ハイハイ」で流されちゃうことも文章にして最後まで思いっきり語りつくせるからいいですよね!
ひとりよがりな性格のわたしにはぴったりなツールだと思います(笑)
ここで紹介した曲はすべてyoutubeにあるので、聴いてみてください(*^^*)


***********
この記事を書く前に、カメラで撮った写真の整理をしていました!
明日の夜には記事をひとつでもアップできるようにしたいなと思っています。
北海道で撮った写真なんかもたくさんあるので、近いうちにお見せできたらいいなあー♪
ではでは、おやすみなさい(つ∀-)
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしアイドル
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

jurry

Author:jurry



☆Address:Kobe

☆Birthday:April 11

☆Blood type:A



☆Favorite...

★Camera(OLYMPUS E-PM1)
★Ukulele(aNueNue aNN-U U900/K.WAVE KW-2)


カテゴリ
Twitter
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。